メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来へのレール

旧三江線廃線後の行方/18 ファンの集い、共感広がる /島根

広島市内で開かれた江の川鐵道ファンミーティングに集まった人たち=広島市西区横川町の古書店「本と自由」で

 1月27日、広島市・横川駅前にある古本屋の店内には、熱気があふれていた。同市内の鉄道ファンらでつくる「安芸矢口企画」が開いてくれた「江の川鐵道ファンミーティング」。狭い店内に約50人がひしめいていた。

 安芸矢口企画は「ローカル鉄道・書籍文化応援ユニット」を掲げる約20人の団体で、メンバーの中には江の川鐵道の実証実験にスタッフとして参画してもらった人も多い。そして今度は広島市内で、江の川鐵道の活動への理解を広げようと、自主的にイベントを企画してくれたのだ。私たちの挑戦に共感してくれる人の輪が、地域を超えて広がっていることを実感し、うれしくなった。

 イベントでは、広島市在住の女性が撮影した「JR三江線 天空の駅」と題した短編ドキュメンタリーの上映…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  4. 「呪」「死ね」 警察幹部の報道用写真に加工 岐阜県警警部補を懲戒処分
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです