メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

被災者訪問支援7年、活動に区切り 中央大学生ボランティア団体 気仙沼 /宮城

 気仙沼市面瀬地区で東日本大震災の被災者への訪問支援を約7年間続けてきた中央大の学生ボランティア団体が24日、現地での活動を終えた。最終日に同地区の団地で、住民たちが学生に感謝の思いを伝える交流会を開いた。

 中央大の学生団体「はまらいんや」は2011年12月から、同地区でコミュニティーづくりの手助けをするため、休みを利用し年3回活動してきた。初めは仮設住宅で、その後は防災集団移転と災害公営住宅の団地(同市松崎鶴巻)で、見守りやイベント企画などを通じて住民と交流を深めた。

 同団地では鶴巻2区自治会ができ、住民主体の地域運営が軌道に乗り始めたことから、訪問支援に区切りを付…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  4. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです