メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

公判前整理手続きって? スムーズ審理へ争点絞り込み 長期化の傾向=回答・金寿英

公判前整理手続きの平均期間

 なるほドリ 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(ひこく)の事件は「公判前整理手続(こうはんぜんせいりてつづ)き」が行われるそうだね。どんな手続き?

 記者 公判が始まる前に裁判官と検察官、弁護人が集まって争点(そうてん)や証拠を絞(しぼ)り込む手続きです。司法制度改革の一環(いっかん)で刑事裁判の充実(じゅうじつ)・迅速化(じんそくか)を図るため、2005年に導入(どうにゅう)されました。殺人事件など裁判員裁判になる重大事件では必ず行われます。それ以外でも裁判官が必要と認めれば、裁判所の判断か弁護人や検察官の請求(せいきゅう)で実施されます。この手続きには被告本人も出て意見を述べることができます。

 Q ゴーン前会長と日産前代表取締役(とりしまりやく)のグレッグ・ケリー被告の弁護人が手続きを行うよ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  3. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式
  4. ORICON NEWS 赤江珠緒&博多大吉の“芝生デート”報道 『たまむすび』が伝えた1週間
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです