メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 甲斐さやか『赤い雪』

読んだ人の思いを大切にしてほしくて書き込みすぎないように抑制した

◆『赤い雪』甲斐さやか・著(角川書店/税別1300円)

 筆を置く、という特徴的な表現を取材中に何度か耳にした。最後まで書き上げて「これでよし」と承認することではなく、書きすぎることを抑制する態度を意味しているようだ。置く=ここまでにしておく、といったイメージだろうか。

「この小説は、記憶という非常に不確かなものを問題にしています。過去に起きた事件の何が真実で、誰が被害…

この記事は有料記事です。

残り1240文字(全文1456文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです