メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稲盛財団

若手研究者に1人1億円 10年間助成、新制度

記者会見した井村裕夫・稲盛財団会長(左)、小林誠・高エネルギー加速器研究機構特別栄誉教授(左から3人目)ら=東京都の文部科学省で25日

 稲盛財団(京都市)は25日、基礎研究に従事している若手研究者に1人あたり計1億円を助成する新しいプログラムを作ったと発表した。基礎研究は成果が出るまで長い時間がかかるため、代表的な研究費である文部科学省の科学研究費補助金(科研費、最長7年)よりも長く、10年にわたって助成するのが特徴。2020年度から助成を始める。

 「稲盛科学研究機構(InaRIS)フェローシッププログラム」。主要な大学や研究機関に所属する50歳…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 特集ワイド ヘイト本作った理由、依頼を何でも受けた 読み手見え、自責の念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです