メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

子宮頸がん検査で「異形成」=答える人・NTT東日本関東病院(産婦人科)近藤一成医長

近藤一成医長

 Q 子宮頸がん検査で「異形成」

 娘(29)がおりものが多く、子宮頸(けい)がんの検査で「中等度異形成の細胞がある。経過観察を」と言われました。他の医師に診せた方がよいでしょうか。(福島県、女性)

 A 中等度「経過観察」は妥当

 子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することで起こります。ウイルスには150以上の型があり、そのうち15種類ががんになるリスクが高い型です。HPVはありふれたウイルスで、性交経験のある男女なら誰でも感染の可能性があります。多くは一時的な感染ですが、持続感染をした場合、子宮頸部表面の細胞に異常な細胞が増えてきます。これが「異形成」です。

 異形成は子宮頸がんに進行する前の状態で、軽度、中等度、高度の3段階で進行します。それぞれがんになる…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式 
  3. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです