メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国のEU離脱延期でも楽観できない英・EU間の合意

メイ英首相=AP

 【ブリュッセル八田浩輔】3月29日に予定された英国の欧州連合(EU)離脱が延期される可能性が高まった。しかし北アイルランド国境問題を巡る英・EU間の隔たりは大きく、英国のメイ首相が26日に示唆した最長3カ月の延期期間での妥結は楽観できない。現状では「合意なき離脱」のリスクが先送りされたに過ぎない。

 EU側では今月に入り、「離脱延期は合理的」(トゥスク欧州理事会常任議長)など延期容認論が広がっていた。来月29日の離脱日がさし迫る中、最悪のシナリオである合意なき離脱を回避するため、延期に慎重な姿勢を崩さなかったメイ首相の外堀を埋める意図もあった。

 離脱予定日は、EU基本条約に基づき、英国が離脱を正式通知した日から2年後と定められた。これを延期す…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 新潟県知事、NGT起用を「保留」9月の国民文化祭契約

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです