メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「救える命を救うため…」 ドナー、なぜ増えぬ 初の脳死移植から20年

脳死による臓器提供者数の推移

 臓器移植法に基づき、脳死と判定された人から初めて心臓などの臓器が移植されてから、28日で20年になった。脳死からの臓器提供者は増加傾向にあり、計570人を超えた。しかし、移植を待つ患者に対して提供者は少なく、海外と比べて低水準が続く。専門家は「救える命を救うため、提供を増やす対策が必要だ」と指摘する。

この記事は有料記事です。

残り1405文字(全文1557文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです