メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歓喜院聖天堂

豪華絢爛な姿へ 極彩色彫刻補修 来月末まで美装化事業 県教育長が視察 熊谷 /埼玉

 熊谷市妻沼にある寺院・聖天山歓喜院(しょうでんざんかんぎいん)の本堂「歓喜院聖天堂」は県内建造物で唯一の国宝だ。その極彩色彫刻を補修する「美装化事業」が3月末まで行われている。

 歓喜院の本殿は江戸時代に大火で焼け、聖天堂が1760年に再建された。日光東照宮の修復にも参加した職人たちによって建物を覆い尽くすように極彩色彫刻が施され、江戸後期装飾建築の代表例とされる。長年風雨にさらされて古びてしまったが、2003年から7年間かけて平成の大修理が行われて再建当時の豪華絢爛(けんらん)な姿がよみがえり、12年に国宝指定…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. ORICON NEWS 嵐・櫻井翔、4・30『news zero』拡大版で有働由美子と改元の瞬間を生中継
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 拳銃所持容疑で映画監督逮捕 代表作に小泉今日子さん主演「空中庭園」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです