メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

離脱延期もイバラ道 EU「最長20年末」模索

英国のEU離脱を巡る今後の流れ

 【ブリュッセル八田浩輔】3月29日に予定された英国の欧州連合(EU)離脱が延期される可能性が高まった。しかし北アイルランド国境問題を巡る英・EU間の隔たりは大きく、英国のメイ首相が26日に示唆した最長3カ月の延期期間での妥結は楽観できない。現状では「合意なき離脱」のリスクが先送りされたに過ぎない。

 EU側では今月に入り、「離脱延期は合理的」(トゥスク欧州理事会常任議長)など延期容認論が広がっていた。来月29日の離脱日がさし迫る中、最悪のシナリオである合意なき離脱を回避するため、延期に慎重な姿勢を崩さなかったメイ首相の外堀を埋める意図もあった。

 離脱予定日は、EU基本条約に基づき、英国が離脱を正式通知した日から2年後と定められた。延期する場合…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです