メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災遺構保存

阪神に学べ 「高野会館残す」関係者決意新た 南三陸・ホテル観洋で写真展 /宮城

 1995年に起きた阪神大震災の被災地で、災害の脅威や教訓を伝える「震災遺構」をどう保存してきたかを紹介する写真展が、南三陸町のホテル観洋ロビーで開かれている。東日本大震災の津波に襲われた「高野会館」(同ホテル所有)の保存活動も紹介している。4月30日まで。

 阪神大震災の被災地では、震災発生1カ月後に市民団体「リメンバー神戸プロジェクト」が発足。震災の記憶を伝えるために被災建物などの保存を行政に訴えたが、その多くが解体された。一…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  4. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです