メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

菜七子 3キロ減新ルール初陣Vだ!今年最多の土日で17鞍(スポニチ)

藤田菜七子=スポニチ提供

 藤田菜七子(21)は2日、小倉で8鞍に騎乗。女性騎手を対象とした減量新ルールの適用初日を豊富なラインアップで迎える。

     ☆(負担重量1キロ減)での騎乗は先週で終了。通算56勝(JRA50勝、地方交流競走6勝)の菜七子は、今日から16年3月デビュー時と同じ▲(同3キロ減)に戻っての騎乗となる。重賞など特別レースでの減量はないが、騎乗数増加とともに騎乗馬の質もグッと上がる可能性が高い。

     1日朝、菜七子は小倉競馬場で2頭の調教に騎乗。その中には先週の小倉で3着に導いたバーミーブリーズ(牝5=青木)もいた。同馬は今日の小倉12Rに連闘で出走する。菜七子は「(先週は)スムーズならあのくらいは走れていい馬だと思っていました。連闘になりますが、滞在効果で落ち着いてレースに臨めればいいですね」と手応えを伝えた。

     3日も小倉で9鞍が用意され、土日合計の17鞍は今年最多。新ルールを武器に菜七子が好スタートを切れるか、注目が集まる。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
    2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
    3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
    4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
    5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです