メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

グリーンブック 白人、黒人逆転の定番劇 現実との隔たりに嘆息

 アカデミー作品賞受賞作。コメディータッチで人種問題を描きます。

 トニー・バレロンガ、通称リップは、ナイトクラブの用心棒。ナイトクラブ休業のために仕事がなくなったとき、ピアニストのツアーで運転手をしてほしいと誘われた。そのピアニストのドンはカーネギーホールのなかの豪奢(ごうしゃ)なアパート(そんなものがあるんですね)に住んでいるんですが、黒人なんですね。人種差別が厳しいなかですが、そこを敢(あ)えて、東部だけでなく南部各地でも演奏会を開くという計画です。

 2人は何もかも正反対。トニーはたばこの燃えさしを車の窓から投げ捨て、片手で運転しながら食べ物を口に…

この記事は有料記事です。

残り1315文字(全文1594文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 外国人保育施設「無償化から外れる?」 保護者ら不安、母語での保育「貴重」
  3. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです