メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

グリーンブック 白人、黒人逆転の定番劇 現実との隔たりに嘆息

 アカデミー作品賞受賞作。コメディータッチで人種問題を描きます。

 トニー・バレロンガ、通称リップは、ナイトクラブの用心棒。ナイトクラブ休業のために仕事がなくなったとき、ピアニストのツアーで運転手をしてほしいと誘われた。そのピアニストのドンはカーネギーホールのなかの豪奢(ごうしゃ)なアパート(そんなものがあるんですね)に住んでいるんですが、黒人なんですね。人種差別が厳しいなかですが、そこを敢(あ)えて、東部だけでなく南部各地でも演奏会を開くという計画です。

 2人は何もかも正反対。トニーはたばこの燃えさしを車の窓から投げ捨て、片手で運転しながら食べ物を口に…

この記事は有料記事です。

残り1315文字(全文1594文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  2. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  3. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです