メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

口元ガッチリ、成績キラリ マウスピースがスポーツ界席巻 かみ合わせ改善「能力向上」

昨夏の甲子園を沸かせた吉田輝星投手もマウスピースを着用していた=阪神甲子園球場で、渡部直樹撮影

 口の中の安全を守るためボクシングやラグビーで重宝されてきた「マウスピース」が広くスポーツ界に浸透し始めている。歯を食いしばることによる競技力向上に効果を感じた野球や射撃の選手たちが装着し始めた。一方で公平性の観点から利用を制限する競技団体もある。来年の東京五輪・パラリンピックでも選手の口元から目が離せない。【倉沢仁志】

 特に普及しているのが野球界だ。けがの防止に加え、歯のかみ合わせ向上により「打撃や投球の瞬間で力が入…

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1223文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです