メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京マラソン

堀尾、学生初MGCへ

日本勢トップの5位でフィニッシュする堀尾=宮武祐希撮影

 2020年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC、9月15日)」の出場権を懸けた東京マラソンは3日、東京都庁から東京駅前までの42・195キロで行われ、男子はビルハヌ・レゲセ(エチオピア)が2時間4分48秒で初優勝した。2位のビダン・カロキ(横浜DeNA)に2分の大差をつけ、日本国内のレースでは17年の東京マラソンでウィルソン・キプサング(ケニア)が出した2時間3分58秒に次ぐ好記録だった。

 マラソン初挑戦の堀尾謙介(中大)が2時間10分21秒で日本勢トップの5位に入り、学生で初のMGC出…

この記事は有料記事です。

残り2431文字(全文2691文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです