メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

世界選手権 高木美2位、連覇逃す

 【カルガリー共同】スピードスケートの世界選手権最終日は3日、カルガリーで行われ、24歳の高木美帆(日体大助手)は4種目の総合で2位となり2連覇を逃した。

 第1日に500メートルで1位となり、3000メートルとの2種目で総合首位に立った高木美は最終日も1500メートルで1分52秒08の1位。しかし最終の5000メートルは7分2秒72の8位で、6分42秒01で自らの世界記録を更新したマルティナ・サブリコバ(チェコ)に逆転された。

 高木菜那(日本電産サンキョー)は総合11位、佐藤綾乃(高崎健康福祉大)は13位。ともに8人に絞られ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです