メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛び込み

ワールドシリーズ 女子板飛び込み 三上、決勝逃す

女子板飛び込みで予選敗退した三上の2回目の演技=宮間俊樹撮影

 飛び込みのワールドシリーズ第1戦・相模原大会は最終日の3日、相模原市立総合水泳場で行われ、女子板飛び込みで18歳の三上紗也可(米子DC)は254・95点で決勝進出を逃した。男子高飛び込み予選は大久保柊(筑波大)が437・05点で敗退した。

 非五輪種目の混合シンクロ板飛び込みは西田玲雄(大阪水泳学校)、宮本葉月(高知DC)組が300・…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです