メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京マラソン

MGCに新たに4人

日本人2位の6位でフィニッシュする今井正人=東京都千代田区で2019年3月3日、宮武祐希撮影

 2020年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を懸けた東京マラソンは3日、東京都庁から東京駅前までの42・195キロで行われ、男子は堀尾謙介(中大)が2時間10分21秒の5位で日本勢トップとなり、学生で初めてMGC出場権を得た。6位の今井正人(トヨタ自動車九州)、7位の藤川拓也(中国電力)、8位の神野大地(セルソース)も新たに加わり、MGC出場権獲得者は28人となった。ビルハヌ・レゲセ(エチオピア)が2時間4分48秒で初優勝。日本記録(2時間5分50秒)保持者の大迫傑(ナイキ)は29キロ付近で途中棄権した。

 女子の日本勢は一山麻緒(ワコール)が7位に入ったのが最高。ルティ・アガ(エチオピア)が2時間20分…

この記事は有料記事です。

残り1267文字(全文1593文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  5. 大阪市立総合医療センター 患者情報を誤送信 49人分 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです