メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卓球

ジャパン・トップ12 初心に戻って石川V

優勝した石川佳純=カメイアリーナ仙台で2019年3月3日、佐々木順一撮影

 卓球の国内有力選手が集まるジャパン・トップ12大会は最終日の3日、仙台市のカメイアリーナ仙台で行われ、女子は石川佳純(全農)が決勝で初優勝を狙う伊藤美誠(スターツ)を4-2で降し、2年ぶり4回目の優勝を成し遂げた。男子決勝では15歳の張本智和(エリートアカデミー)が水谷隼(木下グループ)を4-0のストレートで退け、初優勝した。大会は世界選手権(4月21日開幕、ブダペスト)シングルス代表の男女各5選手による変則トーナメント方式で争われた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです