メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛び込み

女子 「世界の舞台 楽しい」 けがと闘う板橋

混合シンクロ高飛び込み決勝で3位に入り笑顔の板橋=相模原市立総合水泳場で2019年3月2日、宮間俊樹撮影

 けがで苦しむ飛び込み女子の板橋美波(JSS宝塚)に笑顔が戻ってきた。3日に閉幕したワールドシリーズ第1戦・相模原大会で、村上和基(JSS白子)とペアを組んだ混合シンクロ高飛び込みで2年連続の銅メダルを獲得。右目を手術した昨年4月以降は満足な結果を残せなかった19歳は「今ここで頑張れないと、またけがしても頑張れないと思った。こうして世界の舞台で戦えるのが楽しいなと思った」と充実感を漂わせた。

 結成3年目のペアは息の合った演技で、プールに飛び込むタイミングに狂いはなく、同調性が光った。技の難…

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1023文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです