メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 日本国憲法は、天皇が政治に関与しないことを定めている。それは日本人が敗戦を真摯(しんし)に受け止め、再出発するための絶対条件であった。江戸時代においても天皇は政治に関与しない象徴的な存在だったが、幕府が体制の権威づけに利用するために存続させていたという点で、戦後とは異なっている。戦後の象徴天皇制は天皇、皇后両陛下が独自にその内実を創造してきたことで、歴史的にも世界的にも前例の無いものとなった。

 しかし韓国の文喜相(ムンヒサン)国会議長の天皇謝罪発言で、日本の敗戦によって解放されたはずの韓国に…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「池に人が浮いている」通報 60~70代女性死亡 井の頭公園
  3. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす
  4. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
  5. 新元号 「令和元年」カレンダー 八潮のメーカーが制作 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです