メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型出生前診断

新指針案に懸念表明 「支援体制危惧」 小児科学会

 妊婦の血液から胎児の染色体異常を推定する新型出生前診断(NIPT)で、実施施設を増やすために要件を大幅に緩和する日本産科婦人科学会の新指針案に対し、日本小児科学会は5日、懸念を表明する声明を発表した。

 新指針案では、遺伝の専門家や小児科医の関与が必須ではなくなる。検査前の専門家による遺伝カウンセリングも研修を受けた産婦人科医だけ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです