メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

進行性核上性まひの治療は=答える人・飯嶋睦臨床教授(東京女子医大・脳神経内科)

飯嶋睦臨床教授 東京女子医大(脳神経内科)

 Q 進行性核上性まひの治療は

 3年前から「頭の中が揺れる感じがする」と訴えていた75歳の夫が進行性核上性まひと診断されました。服薬しても改善しないようです。(千葉県、女性)

 A 筋力維持を心がけて

 進行性核上性まひは脳の神経細胞が減り、代わりに異常な脳内たんぱく質が蓄積して起こります。MRI(磁気共鳴画像化装置)の画像では、脳の一部に萎縮がみられますが、初期段階では目立った変化がなく、早期の確定診断は困難です。発症の仕組みも不明で、国の指定難病になっています。

 転びやすいなどパーキンソン病に似た症状のほか、下を見るのが難しくなるなどの眼球運動障害や言語障害、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  2. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  3. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです