メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AI

病気の診断支援 今春にも機器販売 病変画像解析、医師の負担軽減

 人工知能(AI)で病気の診断を支援する医療機器が、今春にも国内で相次いで販売される。大腸がんや脳の病変を見つけるコンピューターソフトで、昨年から今年初めに厚生労働省や第三者認証機関が製造販売を認めた。最終的に診断を下すのは医師の役目だが、メーカーや医師は「診断が迅速になり、医師の負担や誤診を減らせる」と期待する。

 昭和大は大腸の内視鏡検査で写ったポリープを解析する機器を開発。画像を瞬時に解析し、早期のがんや将来…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  3. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです