メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それぞれの戦い

10日びわ湖毎日マラソン/上 プロでも常識覆す 川内優輝(32)=埼玉県庁

びわ湖毎日が埼玉県庁のユニホームで最後のレースとなる川内優輝=新井隆一撮影

 2020年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」シリーズの「第74回びわ湖毎日マラソン」(毎日新聞社など主催、住友電工特別協賛)は10日、ドーハ世界選手権(9~10月)の代表選考会を兼ねて開催される。タイムと順位の条件でMGC出場権を獲得できるシリーズは今大会が最後となるが、ランナーの目標は異なる。有力選手のそれぞれの戦いを追う。

 大多数の選手がMGC、東京五輪に照準を定める中、「最強の公務員ランナー」は信じた道を突き進む。目指…

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1016文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  5. 大阪市立総合医療センター 患者情報を誤送信 49人分 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです