メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

高齢者の大腿骨骨折 早期手術と再発防止、大切

 70歳ごろから急増するといわれる高齢者の大腿骨(だいたいこつ)骨折。どんな医療を受けるかによって、その後の生活が大きく変わるという。特に大切なのは、できるだけ早期の手術と次の骨折の予防だ。多職種による取り組みで成果を上げる病院が出てきたほか、合理的な治療を広めようと、民間団体も活動を開始した。関係者は、骨折治療の重要性について、患者の意識も変えたいと意気込んでいる。

この記事は有料記事です。

残り1297文字(全文1482文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです