メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

温室効果ガス→有用ガス 効率よく合成、新触媒開発 温暖化対策に貢献も 物材機構

 <ピックアップ>

 代表的な温室効果ガスのメタンと二酸化炭素から、さまざまな化学製品の原料になる一酸化炭素と水素を効率よく合成する新しい触媒を開発したと、物質・材料研究機構(茨城県つくば市)などのチームが国際科学誌に発表した。地球温暖化対策に貢献できる可能性があるという。【酒造唯】

 従来の触媒はニッケルや酸化イットリウムなどを使う。セ氏600度以下で反応させると大量のすすが発生し、目詰まり…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです