メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富士山入山料、登山客以外も対象に 世界遺産協議会で決定へ

昨年の静岡側開山日の7月10日、富士宮口5合目で入山料を支払う登山者=2018年7月10日、高場悠撮影

 山梨、静岡両県と周辺自治体、住民代表らでつくる富士山世界文化遺産協議会作業部会は6日、静岡県富士市内で会合を開き、富士山保全協力金(入山料、1人原則1000円)の受け入れ対象を拡大する案を承認した。従来の「5合目から山頂を目指す登山者」を、今夏から「5合目から先に立ち入る来訪者」とする。登山道に入り「基準点」を通過して散策を楽しむ観光客らが対象になり、協力者の増加を図る。19日に同県沼津市で開く協議会で正式に決める。

 入山料は2014年に開始し、指導員の配置やトイレ改修など5合目以上の事業に充てていた。昨夏は静岡側…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです