メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

町長の後援者企業が町有地落札 100万円寄付も 広報誌に社名なく 山形・小国

 山形県小国町が取得時の半値相当で売却した町有地について、一般競争入札で落札した事業者の代表取締役社長が、仁科洋一町長の有力な後援者であることが7日、分かった。仁科町長が町長選出馬の意思を表明した後に設立された後援会に寄付をするなどしていた。仁科町長は「社長は中学、高校の同級生で私を支援してくれている。寄付は個人献金だ。入札に私の意思が入る余地はなく、たまたまその会社が落札したということだ」と話した。

 町は2002年に町土地開発公社から約6700平方メートルの土地を約1億12万円(1平方メートルあた…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです