メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イカスミ成分にアレルギー抑制効果 花粉症予防薬の開発に期待 中部大グループ発表

イカ(イメージ)=ゲッティ

 中部大の川本善之准教授(分子免疫学)らの研究グループが、イカスミパスタなどで知られる「イカスミ」から抽出した成分に、花粉症などのアレルギー抑制に一定の効果があることを発見した。3月に入ってスギ花粉の飛散が本格化する中、花粉症に効く薬の開発が期待される。オランダのオンライン学術誌に掲載された。

 花粉症や食物アレルギーは、花粉などの原因物質(アレルゲン)と結合した免疫細胞の一種「マス…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  4. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです