メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情熱大陸

世界が認めた日本一の料理人・長谷川在佑に密着! 「笑顔がなくちゃ料理じゃない」最旬和食の真髄とは?

<プロフィル>長谷川在佑(はせがわ・ざいゆう) 1978年東京生まれ。神楽坂で芸者をしていた母のもと美味しい日本料理に触れながら育ち、高校卒業後は神楽坂の老舗料亭「うを徳」で5年間修業。2008年に29歳で独立し「傳」を開業する。4年目には食べログのランキングで全国1位。ミシュラン2011年版で星を獲得するも、和食の魅力を幅広く伝えたいと世界各地を食べ歩き独創的なメニューを考案する一方、外国人スタッフを受け入れ始める。賛否両論ある中ミシュランの星は落としたが2017年「世界のベストレストラン50」で45位に。2018年には17位に大躍進。超多忙な日々の合間を縫って、東京湾でシーバス釣りをするのが息抜きという40歳。

 今、世界で最も権威ある賞のひとつとされ、“グルメ界のアカデミー賞”と称される「世界のベストレストラン50」で昨年、日本人最高位の世界17位、アジア2位の高評価を得た日本料理店「傳」の料理長、長谷川在佑(はせがわ・ざいゆう)がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS製作著作/TBS系全国ネット、3月10日午後11時~11時半)に登場する。

     瞬く間に美食界のスターとなった長谷川は現在40歳、人気の秘密は日本料理の基本に忠実でありながら、サプライズに満ちた独創的な料理と笑い声が絶えないおもてなしの心だ。 例えば前菜のひとつに一見、何の変哲もない最中がある。「いきなりあんこ?デザートでも無いのに…」といぶがし気な思いで口にすると、広がるのはフォアグラの豊潤な味に干し柿の自然な甘み、スモーキーないぶりがっこが程よい食感を添えた斬新な一品だ。

     また、ファストフード店のボックスのような紙箱が運ばれてきて、中には手羽先のフライドチキン。だが、かじってみると中身は何とも濃厚なカニ肉……そんなサプライズの連続で、店内のあちこちから客の歓声や笑い声があがる。

     幼いころ、神楽坂の芸者だった母親が持ち帰る花街の美味しい日本料理を食べて育った長谷川は高校卒業と同時に老舗和食店に弟子入りし、厳しい修業を積む。独立して割烹を開くが、敷居の高さや堅苦しさを取っ払って美味しい和食の魅力を伝えたいと世界各地を食べ歩き、やがて和食をベースに国境や人種、文化の垣根を越えたオリジナリティあふれるメニューを考案するようになった。

     番組では連日、世界各国からグルメ評論家や有名シェフたちが足を運ぶ超人気料理店長となった長谷川の多忙な日々に4カ月間密着。東京オリンピックを前に外国人観光客の注目も高まる中、世界的なスターシェフとなった長谷川の店の電話は一日中鳴りやむことがない。日によっては外国人客が殆どを占めることもあり、店のスタッフに外国人が多いのも従来の日本料理店とは大きく異なるところだ。

     平成も終わりを迎えようとしている今、日々進化を続ける超人気日本料理店の「今」を追った。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
    2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
    3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
    4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
    5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです