メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

追憶の父、つながる味 門司港駅「みかど食堂」あす復活 元コック長の娘

 6年以上に及ぶ保存改修工事を終えたJR門司港駅(国重要文化財、北九州市門司区)の10日のグランドオープンに合わせ、かつて駅舎内で営業していた高級レストラン「みかど食堂」が38年ぶりに復活する。コック長をしていた父を幼いころに亡くした同区の内山昌子(まさこ)さん(78)は、美しくよみがえったネオルネサンス様式の駅舎に復元されたレストランで、記憶の中の父に再会するのを心待ちにしている。【宮城裕也】

 みかど食堂は1914(大正3)年の現在の門司港駅舎(当時は門司駅)開業と同時に2階で営業を始めた。…

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1160文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです