メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

「復興進むも現状は…」 岩手・大槌町の消防団員・鈴木亨さん、北九州市民に現地の情報発信 /福岡

 東日本大震災で被災した岩手県大槌町の消防団員、鈴木亨さん(49)は震災後、北九州の市民に現地の状況を伝えてきた。津波などで死者・行方不明者1286人が出た町は、震災から8年近くが経過し、落ち着きを取り戻しつつあるが、長く地域防災に携わってきた鈴木さんは「復興は進んでいるが、震災の教訓を生かせず、妥協を余儀なくされている面もある」と口惜しげに語る。【奥田伸一】

 震災が発生した2011年3月11日、漁協職員だった鈴木さんは海沿いの漁協の冷蔵庫にいた。すぐ消防団…

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1003文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです