メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

修猷館・福中、友情の証し時を超え 1927年校舎全焼、旧寄宿舎間借り 写真紹介 /福岡

 昭和初期、福岡を代表する二つの旧制中学、修猷館(現修猷館高・福岡市早良区)と福岡中(福中、現福岡高・同市博多区)に、友情物語が生まれた。火災に見舞われた福中の生徒らを修猷館が支援し、それが今も語り継がれている。修猷館高出身で九州大名誉教授の藤野清次さん(68)が2月、博多区の博多百年町家「立石ガクブチ店」で開かれた「語り部会」で紹介した。【松田幸三】

 1927(昭和2)年6月、福中で火災が発生し、校舎は全焼した。このため、福中生徒は数カ月間、修猷館…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです