メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・公立福生病院

透析中止 「独断専行、事実ない」 福生市長、問題受け

 公立福生病院(東京都福生市)で人工透析治療をやめる選択肢を示された女性(当時44歳)が死亡した問題で、病院は8日、「(女性の)家族を含めた話し合いが行われ、記録も残されている。密室的環境で独断専行した事実はない」とするコメントを発表した。

 病院を運営する「福生病院組合」の管理者である加藤育男・福生市長と、松山健院長の連名。女性の死亡について「悪意や手抜きや医療過誤があった事実もない」と主張している。また、都が6日に実施した病院への立ち入り検査や日本透…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです