メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外池袋で車衝突、10人けが 女性と子供が意識不明

電力安売りで合従連衡、サービス多様化は進まず 自由化から3年

自由化を受けて合従連衡する電力・ガス大手

 2016年4月に始まった電力小売り全面自由化から間もなく3年。8兆円規模とされる家庭向けなど市場で、大手電力とガス会社が合従連衡しながら顧客争奪戦を繰り広げている。販売合戦の結果、電力料金は数%程度下がったが、自由化のもう一つの狙いである省エネを促す料金プランなどサービスの多様化は進んでいない。【袴田貴行、真野森作】

この記事は有料記事です。

残り2142文字(全文2302文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. トランプ氏「これで私は終わりだ」 司法妨害の疑い言及 米ロシア疑惑報告書
  3. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  4. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです