メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

落語茶屋

気楽な場に 住吉で「あすか」開業 聴いて飲んで笑って /大阪

 大阪で初の落語茶屋「あすか」が1月、大阪市住吉区帝塚山東にオープンした。落語ファンのオーナー、石川武さん(70)はプロの噺(はなし)家の寄席を楽しむだけでなく「昔の芝居小屋のように食べて飲める気楽な場所」を目指している。【安田美香】

 「あすか」は飲茶などが味わえる中華料理がメインの店。落語会は日によって午前11時からの昼公演、午後7時からの夜公演があり、その前後の時間に別室などで飲食が楽しめる。寄席のない日は通常のレストラン営業となる。

 店内のフロアにしつらえた本格的な高座は、オーナーの友人で落語家の桂佐ん吉さんの助言を得ながら制作し…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです