メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

独禁法改正案

企業検査時の弁護士やり取り、秘匿特権 公取委、規則導入へ

独占禁止法改正案での課徴金減免制度の変更点

 公正取引委員会が、調査対象の企業と弁護士とのやり取りを秘密にできる「秘匿特権」を導入することになった。政府は課徴金制度の見直しなどを柱とする独占禁止法改正案の提出を目指してきたが、昨年は自民党や日本弁護士連合会が特権の制度化を求め、与党の理解を得られずに提出を見送る異例の経緯をたどっていた。公取委が規則に特権を盛り込むことで、法案は今国会に提出の見通し。

 秘匿特権は欧米では広く導入されている。具体的には(1)公取委が談合やカルテルに関する立ち入り検査を…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  4. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も
  5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです