メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースアップ

二つの震災、「代弁者」の覚悟 元MBSアナ・水野晶子さん=学芸部・倉田陶子

時代ごとの出来事とともに38年間のアナウンサー人生を振り返る水野晶子さん=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で、小松雄介撮影

 毎日放送(MBS)アナウンサーとしてラジオ報道に携わり続けた水野晶子さん(60)が昨年末、定年退職を迎えた。女性として「しゃべりのプロ」の道を切り開いてきた38年間。二つの大震災などを経て、社会の動きを伝えるだけではなく、リスナーと向き合いその声をすくい上げる「代弁者」としての役割を見いだしてきたという。その道のりを振り返ってもらった。

この記事は有料記事です。

残り2738文字(全文2908文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです