メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

天国でまた会おう 現実より豊かで美しい仏伝統「大道芸」に魅惑

 フランスから届いた波瀾(はらん)万丈の劇映画。「モンテ・クリスト伯」と「オペラ座の怪人」を一緒に混ぜて、シルク・ドゥ・ソレイユのサーカスのように仕上げた一品です。

 冒頭は、第一次世界大戦末期の戦場。既に戦闘停止の命令は下りていますが、塹壕(ざんごう)で指揮するプラデル中尉はまだ戦争を続けたい。そこでまず2人の兵士に斥候(せっこう)を命じ、その2人が撃たれたとみると部隊に一斉攻撃を命じます。無茶(むちゃ)なことしますね。

 でも偵察に出た兵隊を撃ったのは敵ではなく、プラデル中尉でした。総攻撃をかける口実に味方を殺したんで…

この記事は有料記事です。

残り1450文字(全文1712文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  2. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです