メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

東京マラソン 人間だけが長時間、長距離を走りたがる

=松尾貴史さん作

 3月3日の日曜日、東京・新宿のオフィスビルの高層階でドラマの撮影をしていた。休日は世間の多くの会社が休みになるので、場所を借りて撮影をするチャンスなのだ。カメラの位置や照明を修正するとき、ほんの少しの待ち時間ができるたびに、共演者のMさんが、いちいち窓際に行っては、「下界」を見下ろしている。時刻は朝の9時ごろだ。

この記事は有料記事です。

残り1337文字(全文1495文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  3. しらかば帳 また帰ってきます /長野
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです