メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

「御浜御殿」と「関の扉」 言葉の攻防 見せた扇雀、歌昇=評・小玉祥子

「御浜御殿」。歌昇の助右衛門(左)、扇雀の綱豊=国立劇場提供

 桜が舞台面に現れる作品の新歌舞伎と古典の2本立て。

 最初が「元禄忠臣蔵 御浜御殿綱豊卿」(真山青果作、真山美保演出)。実録の忠臣蔵物である原作の中でも外伝的要素の強い一段。扇雀が綱豊に初役で挑んだ。

 五代将軍綱吉のおいで次期将軍と目される徳川綱豊は、ひそかに赤穂浪士の敵討ち成就を願っていた。「浜遊び」が行われる綱豊の御殿を側室お喜世(虎之介)の名義上の兄で赤穂浪人の富森助右衛門(歌昇)が訪れる。

 綱豊は助右衛門を通して浪士の頭目、大石内蔵助の真意を探ろうとする。最初は余裕を持って助右衛門を挑発…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです