メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 石倉昇さん 文化教養としての魅力

石倉昇九段=最上聡撮影

 ■囲碁の世界へようこそ 石倉昇の囲碁入門 石倉昇(いしくら・のぼる)さん 日本棋院・1404円

 史上最年少の10歳0カ月で来月、プロ棋士となる小学4年生の仲邑菫(なかむらすみれ)さんの登場で、注目を集める囲碁界。これをきっかけに、囲碁に興味を持った人も多いことだろう。「以前から、入門書を著さないかと日本棋院から言われていたのですが、企図せず絶好のタイミングになりました」と笑う著者は、囲碁棋士九段。東大卒、銀行勤務を経てプロ入りした異色の経歴で、棋戦でも活躍する傍ら、テレビ出演や多数の著書の分かりやすい解説で、普及に尽力してきた。

 「今回の本は、大学で囲碁講座を13年続けてきた集大成です」と言う。東大教養学部で2005年10月に…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです