メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

落語家 桂吉弥/2 ほんまにうどんを食う

約20年前、師匠の桂吉朝(右)親子と。左が吉弥=本人提供

 「かぜうどん」の舞台はしんしんと冷えた冬の夜。描写力の高さに定評のあった、師匠の桂吉朝が得意とした噺(はなし)の一つだ。「なんておいしそうにうどんを食べるんやろう。過度な演出はしてないのに、なんて面白いんやろう」。憧れの一席を、桂吉弥が実際に教わったのは入門10年を迎える頃。「どうやったらうまいことできるか言うたろか」。稽古(けいこ)の際、吉朝はそう言うと「ほんまにうどん食うこっちゃ」と続けた。一瞬戸惑ったが、思い当たることがあった。「時うどん」を演じた際、客に「面白いけど、吉弥さんのは熱々のうどんじゃないね」と言われたことがあったのだ。「熱いだしなら、いきなり飲まない。そういうことをいろいろ考えながら実際に食べてみろ、ということですよね」

 言葉と仕草だけで、現代人になじみのないうどん屋の屋台や夜の家並みを想像させなければならない。噺にわ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. 梅原猛さん死去 京都「お別れの会」 ユーモラスに厳かに 豪快逸話続々、惜別の歌も /京都
  4. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  5. 工藤会トップに6448万円賠償命令 一般人襲撃で福岡地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです