メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

東日本大震災8年 福島を訪ねて 伝統ある窯、浪江の誇り 大堀相馬焼、新天地で継ぐ心

大堀相馬焼が並ぶ京月窯焼のギャラリーで震災について話す近藤さん=福島県飯坂町で、上智大・川畑響子撮影

 東日本大震災から8年。東京電力福島第1原子力発電所事故で、全町避難を余儀なくされた福島県浪江町。2017年の3月31日に一部地域の避難指示が解除された。しかし、町の面積の約8割にあたる地域は、いまだ帰還困難区域だ。大堀(おおぼり)地区もその一つ。そこには、300年余りにわたる伝統工芸「大堀相馬焼」の職人たちが暮らしていた。別の地域でも作陶を続ける一人の職人の姿に迫る。【一橋大・梅澤美紀】

 私が大堀相馬焼と出合ったのは、浪江町にあるカフェを訪れたときだった。目の前に置かれたコーヒーカップ…

この記事は有料記事です。

残り2162文字(全文2408文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです