メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・カルチャー

織田作之助賞 文化の厚みを感じた20年 選考委を勇退、辻原登さん

織田作之助賞について語る作家の辻原登さん=大阪市中央区で、大西達也撮影

 第16回(1999年度)から20年にわたり選考委員を務めた辻原さんは今回を機に勇退する。長らく賞に関わってきた思いを聞いた。

 委員を請われたのは、受賞作を当時掲載するようになった文芸誌『文学界』(文芸春秋)の編集部からだった。作家として新しい文学の息吹に触れる喜びと、和歌山県出身で高校時代まで大阪で過ごしたこともあり、大阪や関西にはひときわ思い入れがあった。

 当初はいわゆるローカルな賞だったが今やいくつもの変遷を経て全国に誇る文学賞に成長した。その功績は何…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです