メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・カルチャー

織田作之助賞 文化の厚みを感じた20年 選考委を勇退、辻原登さん

織田作之助賞について語る作家の辻原登さん=大阪市中央区で、大西達也撮影

 第16回(1999年度)から20年にわたり選考委員を務めた辻原さんは今回を機に勇退する。長らく賞に関わってきた思いを聞いた。

 委員を請われたのは、受賞作を当時掲載するようになった文芸誌『文学界』(文芸春秋)の編集部からだった。作家として新しい文学の息吹に触れる喜びと、和歌山県出身で高校時代まで大阪で過ごしたこともあり、大阪や関西にはひときわ思い入れがあった。

 当初はいわゆるローカルな賞だったが今やいくつもの変遷を経て全国に誇る文学賞に成長した。その功績は何…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  4. 都構想に反対なら公明に対抗馬も
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです