メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校eスポーツ選手権

急造チームが快進撃、全国eスポーツ大会好成績で部活昇格狙う 阿南高専

ホワイトボードに映し出されたゲーム画面に書き込みながら戦略を説明する阿南高専のリーダーの増田さん(右)と耳を傾ける神原さん(左)、椹口さん(中央)=徳島県阿南市で2019年2月27日午後1時47分、倉沢仁志撮影

 高校生が同じ学校でチームを組み、対戦型コンピューターゲームの腕前を競う「第1回全国高校eスポーツ選手権」(毎日新聞社主催、サードウェーブ共催)決勝大会が23、24日に千葉市の幕張メッセで行われ、ロケットリーグとリーグ・オブ・レジェンドの2部門に4校ずつ計8校が出場する。3人対3人で対戦するサッカーゲームの「ロケットリーグ」に出場する4校のチーム紹介の第2回は阿南高専(徳島)。1人の経験者に初心者2人。急造チームで頂点を狙う。

 「そこにいても、ボールは取れない」「こう動いたらいいと思うよ」。ゲームの一場面をプロジェクターでホ…

この記事は有料記事です。

残り1082文字(全文1347文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです