メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

伊調、アジア選手権出場へ リオ五輪以来の国際大会(スポニチ)

 20年東京五輪で前人未到の5連覇を目指すレスリング女子57キロ級の伊調馨(34=ALSOK)が、アジア選手権(4月23日開幕、中国・西安)に出場することが決まった。日本協会が11日、男女代表30人を発表。伊調の国際大会出場は16年リオ五輪以来、2年8カ月ぶり。57キロ級は4月26日に行われる。

     伊調はパワハラ問題を乗り越えて昨年10月に実戦復帰。12月の全日本選手権では1次リーグでリオ五輪63キロ級金の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)に敗れたものの、決勝で雪辱して優勝した。日本協会は全日本優勝者をアジア選手権に派遣する方針を示し伊調も国際大会出場について「(外国人選手と)手合わせしないといけないなと思う」と意欲を見せていた。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
    2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
    3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
    4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
    5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです