メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外池袋で車衝突、10人けが 女性と子供が意識不明

性暴力被害者のためにも市販薬化を 「緊急避妊薬入手しやすく」求め集会

集会には約100人が参加し、関心の高さがうかがえた=東京都千代田区の衆院第1議員会館で2019年3月12日、中川聡子撮影

 性交後に飲むと妊娠を高い確率で防ぐ効果がある緊急避妊薬(アフターピル)について、産婦人科医や性教育、性暴力の問題に取り組む専門家らが12日、東京都千代田区の衆院第1議員会館で集会を開き、緊急避妊薬の市販薬化など、入手しやすい環境を整備するよう国に求めた。【中川聡子/統合デジタル取材センター】

女性の自己決定権が守られているか

 集会には約100人が参加し、産婦人科医の遠見才希子さん、避妊法の普及啓発に取り組む「#なんでないの」プロジェクト代表で国際基督教大4年の福田和子さん、性教育に取り組むNPO「ピルコン」理事長の染矢明日香さんらが講演した。

 遠見さんは、日本の避妊法がコンドーム中心で失敗も多いことや、女性が毎日飲めばほぼ避妊できる低用量ピ…

この記事は有料記事です。

残り1026文字(全文1350文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. トランプ氏「これで私は終わりだ」 司法妨害の疑い言及 米ロシア疑惑報告書
  3. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  4. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです