メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

村松 友視・評『月夜に傘をさした話』『今戸心中』

音読で作品の内側に入り込み、その魅力を堪能した懐かしい小説

◆『月夜に傘をさした話 正岡容単行本未収録作品集』正岡容・著(幻戯書房/税別5500円)

◆『今戸心中 他二篇』広津柳浪・著(岩波文庫/税別560円)

 正岡容(いるる)……なつかしいといえば大袈裟(おおげさ)ながら、次郎長ゆかりの清水みなと(静岡県清水市)で祖母との二人暮らしで少年期を過ごした私は、広沢虎造の「次郎長伝」にご当地ソングのごとく馴染(なじ)みつつ、虎造の軽妙さの対岸にあるような正岡容作・玉川勝太郎が演じるところの「天保水滸伝」にも興味をいだいていたのだった。

 しかしその正岡容が、十九歳で発表した小説を芥川龍之介に絶賛された件、敬愛する永井荷風にならって高座…

この記事は有料記事です。

残り1322文字(全文1638文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  2. 300キロ超大物クロマグロ 和歌山・那智勝浦
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 器物損壊 原爆ドーム前の慰霊碑に汚物? 広島中央署捜査 /広島
  5. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです